Q2

どんな仕事を経験できましたか?

やりたいことが色々できました!

オペレーター・教育研修。採用面接など、今はオペレーターさんの悩み相談の担当もしています。

READ MORE
INTERVIEW リーダークルー
(管理者) 丹野 早紀 札幌

一緒に働くクルーのケアマネジメントを行う丹野さん。
仕事のやりがいや、働く人について聞いてみました。

question01

札幌オフィスではどんな仕事を経験されてきたのですか?

入社した時は携帯電話の操作案内窓口で電話応対をしていました。元々人に何かを教える仕事に就きたかったので、コールセンターの仕事を探していました。ソフトバンクという誰もが知っている会社の窓口で、入社後の業務で何をするのか明確だったのでこの会社に決めました。

その後、人事へ配属され採用業務に携っていたため、現在の札幌オフィスにいる半分以上の人と関わったことがあります。

先日、面接で担当したクルーから久しぶりに連絡がきて、お客さまより「あなたの電話応対が良いので、ぜひ上司に電話を代わってほしい。お礼を伝えたい」と言われたことを報告してくれました。そのクルーからはこんな嬉しい経験をさせてくれてありがとうと言われ、連絡を受けた私も嬉しくなりました。

さらに経験を積むため現在は電話応対品質の管理や、クルーの悩みや相談を聞くケアマネジメントに従事することで、希望していた教える、育てるといった仕事に就いています。ケアマネジメントをすることでクルーの悩みを和らげて働きやすい環境作りに貢献できています。

question02

職場の気に入っているところはどこですか?

ここには2つオフィスがありますが、どちらも札幌駅と地下で直結しているところです。アクセスが良いのはもちろんですが、冬の吹雪でも寒さを感じることなくオフィスに通えるのはオススメできるポイントです。

札幌駅まで歩いて1~2分なので、お昼休憩中におしゃれなランチや買い物に行くこともできます。オフィス内にはキレイな休憩室もあるので1人でゆっくり過ごしたり、一緒に働く仲間とソファでお弁当を食べることもあります。

働いている人同士の仲が非常によく、お互いにフォローし合える環境なのもいいですね。シフト勤務なので、予定に合わせて要望を聞いていただくことができますし、長期休暇も取れます。お子さまがいる方で、子供の急な体調不良で帰宅しないといけない!という時でもしっかりと対応しますので安心してください。

question03

どんな人が向いていると思いますか?

人と関わることが好きな人がいいですね。どの立場でも誰かとコミュニケーションをとって助け合ったりする仕事なので、そこにやりがいを感じることができる人がいいです。

それ以外にも、お客さまの要望を聞く仕事なので、人の話が聞けて、はつらつと元気に話せる人はお客さまに安心感を与えられるので向いてるかもしれません。

緊張するのでうまく話せないという方でも、先輩が優しく教えてくれるので、大丈夫です。ベテランOJTのトレーナーがいますので、よく教えてもらうことで徐々に慣れてきて、堂々と話せるようになります。デビュー後は私もフォローするので任せてください。

ONE DAY SCHEDULE

8:30

出社。管理者同士で新しい情報や一日の流れについて共有。

8:45

朝礼。確認した情報をクルーへ共有。

9:00

業務開始。

12:00

ランチへ。大きな休憩室があるのでクルーとお弁当を食べたり、センターが駅直結なので、札幌駅のお店でランチをとることもあります。

13:00

午後の業務開始。応対品質向上のためにクルーの音源を聞いて分析。

15:00

クルーと面談。仕事の悩み相談や、窓口に余裕がある時はプライベートの話で盛り上がることも。

17:00

チームの施策などについてリーダー同士で相談。それぞれ得意分野が違うので、よく相談に乗ってもらっています。

18:00

退勤。仕事仲間とご飯を食べに行ったり、お芝居の稽古に向かったりします。

「楽しい」「やり甲斐だ」と感じた瞬間ベスト3

第1位
クルーの成長を感じたとき。
自分が入社や研修に携わったクルーがやりがいを持って仕事をしている成長した姿を見ると、自分のことのように嬉しく感じます!
お客さまから感謝のお言葉を頂いたことを報告してくれることもあり、本当に頼もしく思います。
第2位
自分の提案でサービスや公式HPの記載などを変えることができたとき。
意見や提案を上げると、それを元に、実際お客さまに見ていただくページやサービスが更新されることがあります。
ソフトバンク、ワイモバイルという大きなブランドの仕事に直接関わっているという実感を得られます!
第3位
お客さまに感謝の言葉をいただいたとき。
私はフォロー業務だけでなく時折自分でもお客さま対応を行うことがありますが、その時に感謝のお言葉をいただくと本当に楽しく感じます。
お客さまの感謝の声を直にいただけるのは、コールセンターならではのやりがいだと思います。

PEOPLE